読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPと自動化が好きなんだい

アラサー未経験でPHPを覚えて、自動化にハマったWebプログラマー。主にWebネタ、MySQL、Linux、Apacheをやるよ

日々の作業メモツールの遍歴と、マインドマップで作業メモを取るメリットについてまとめた

業務効率化

忘れっぽいので、先輩からの作業指示、タスクの進捗状況、課題などの作業メモを取っています。

今まで色々なツールでメモを取ってきましたが、最近マインドマップでメモを取るようにしたら、予想以上に良かったので、自分の作業メモを取るツールの遍歴とマインドマップで取るメリットをまとめておきます。

 

a0003_001808

 

ツールの遍歴1、メモ帳

最初はメモ帳で作業メモを取っていました。しばらく使っていましたが、

  • 後で情報を追加する
  • 情報の関係性(親子関係など)を表す
  • 済んだ情報をフィルタリングする
  • リンクを貼る
  • 画像を張る
  • 強調、色づけ

といったときに不便を感じて卒業しました。

 

ツールの遍歴2、エクセル

次に使ったのがエクセルです。

エクセルで悩みは解消されたのですが、「ローカル保存だと、いざというときに不安だからクラウドにしたい」という欲求が出てきて、エクセルから卒業しました。

 

ツールの遍歴3、スプレッドシート

エクセルの特徴を持ちつつ、クラウドに保存されているので、これで落ち着くかと思われました。

しかし、使っていくうちに「セルの移動」や「行の挿入」といった情報の関係性を揃える作業を面倒くさく感じてしまうようになり、しばらくして卒業しました。

 

 

マインドマップで書くメリット

そして、たどり着いたのがマインドマップ(Mindmeister)です。

基本的には日付でノードを作って、その日にやるタスクをさらに子ノードとして追加していく感じで使ってます。

 

ちなみにマインドマップで書くメリットをまとめると、以下の通りです。

  • ・情報の追加が簡単: ノードを追加するだけなのでtabを押すだけでOK
  • ・順番の入れ替えが簡単: 優先順位を変えたい時にドラッグ&ドロップだけでOK。
  • ・アイコンで強調: 色だけでなくアイコンをつけることで、情報の整理が幅が広がります。
  • ・非表示も簡単: 済んだタスク、過去の作業もワンクリックで非表示。

 

今のところは、これで大満足! マインドマップ以上のものは今のところ無いですね~