読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よーやまブログ(PHPと自動化と語学と資格)

PHPと自動化と語学にハマったWebプログラマー。主にWebネタ、MySQL、Linux、Apache、語学をやるよ

PHPでプログラミングを覚える前に身に着けておくべきこと

Webプログラマーの年収、実態、どうやったらなれる?

どうも、よーやまです。

 

最近、どこでもプログラミング教育が熱心に行われていますが、プログラミングを覚える前に身に着けてほしいことって沢山あるんですよね。

ちょっとまとめてみました。

 

1、タイピング

最低限、これは身に着けてほしいです。

タイピングが遅い人は、まずプログラミングというか仕事に付いていけないです。

できればタッチタイピング(ブラインドタッチ)が理想ですが、スピードが出れば問題ないです。

最低でもWPM280くらいは欲しいですね。

(ちなみに私は310くらいです。測定したサイトは↓)

www.e-typing.ne.jp

 

2、HTMLとCSSの知識

タイピングをクリアしたら次はHTMLとCSSの知識を身に着けてほしいです。

しっかりとしたHTMLとCSSの知識が無いと、「PHPでやるべきなのか、HTMLでやるべきなのか」という判断基準が分からなくなってしまうからです。

知識があいまいだと、echoでひたすらhtmlタグを出力してしまうという、残念なことをやってしまいます。

 

 

 

3、基本的なITの知識

Web業界でもIT業界である以上あh、基本的なITの知識は必須です。

ベストは基本情報ですが、最低限ITパスポートでも良いと思います。

もし、ITパスポートの過去問を解いてみて、5割以上解けなかったらヤバイと思ってください。

でも、勉強すれば大丈夫です。知識はすぐに身につくので心配することはありません!

 

 

4、日ごろからWebサービスを利用する習慣

TwitterでもFacebookでも、livedoorブログでも、はてなブログでもなんでもいいです。

世の中にはいろいろなWebサービスがあります。

流行っているWebサービスがあったら触ってみる、新しいWebサービスが出来たら登録してみる。

自分が好きなデザインのサイトを見て、どこがいいかを考える。

嫌いなサイトを見て、どうやったらよくなるかを考える。

 

そういう感じで、日ごろからWebサービスを利用したり、考えたりする習慣を付けてほしいです。

こういう経験が設計に役に立ちます。自分の体験を通じて、Webサイトの使いやすさとかを考えられるようになります。

 

5、何よりWebを楽しむこと

大事なことはWebを楽しむことです。

Webというのは移り変わりが激しいものです。そういう移り変わりの激しさを楽しめることが大事です。

次から次へと新しい技術が出てきます。

そういう技術やトレンドの移り変わりを楽しめることが出来る人には、ぜひともPHPのプログラミングを覚えてほしいですね。

 

 

まとめ

色々書きましたが、最初から出来る人なんていません!

少しずつで良いので、確実にスキルを上げていくことが大事です!

とりあえず一歩前進しましょう!