読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPと自動化が好きなんだい

アラサー未経験でPHPを覚えて、自動化にハマったWebプログラマー。主にWebネタ、MySQL、Linux、Apacheをやるよ

サイボウズ、デスクネッツ、Google Appsを実際に使って比較して、その後導入したときの話。

業務効率化

昔、IT業界に転職する前の話。

社内のIT化を進めよう!ということで、いつの間にかIT担当(と言う名の雑用)になったので、

そのときにグループウェアにの体験版で遊んでいた。 そのときに感じていたことを思い出しながらメモ。

(あくまで個人の感想です)

 

a0002_007767

 

1、料金の比較

感想:料金は大差ない。

 

2、一人当たりの容量

感想:Google凄すぎ。メールでのやりとりが多い会社だと容量1GBなんて、あっという間に達してしまう。

メールの多い会社はGoogle Appsをオススメでしょう。

 

3、見た目の印象

サイボウズデスクネッツよりは劣るが、わかりやすい。

デスクネッツ:アイコンが見やすく、わかりやすい。とっつきやすい。

Google Apps:シンプルすぎて、何から始めたら良いのか分からない。

感想:Google Appsはパソコンを仕事でしか使わない人には導入しづらいかも。

 

4、機能面

サイボウズデスクネッツより劣る。

デスクネッツ:多い

Google Apps:少ない。

感想:自分で作るくらいの気力が無いとGoogle Appsは辛いかな

 

比較してみたのですが

で、色々試していたのですが、結局、ワタシの意見は関係なく、役員が以前の会社で使用していたという理由で某グループウェアに決まりました・・・。

はぁ?

 

実際に某グループウェアを導入した結果

① まずはメールの容量の少なさにクレームが来ました。そりゃ、今まで使用していたThunderbirdだったら、実質自分のPCの限界まで使えますからね。昔のメールも保存しておく人が多かったので、圧倒的に容量が足りなかったのです。

増量しようにも、それじゃ話が違う!ということで追加の予算が下りなかった模様。

 

②次にメールのフィルタ機能が使い物にならないとクレームが来ました。

フィルター機能が十分にカスタマイズできなかったんですよね。

 

③その他、思ったよりも仕事が楽にならなかった

なんとなく導入したので、既存の業務をIT化するところまで至らなかったのです。

既存のどの業務をグループウェアで置き換える、といった基本的なところをおろそかにしたのでダメでした。

 

 

今回の事例から学んだこと

1、グループウェアはなんとなく導入するな

2、メールを多く使用する企業の場合は、容量に注意しろ。

 

なんか、すごく当たり前な結論に至りましたね・・・・。

 

 

 

感想