読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よーやまブログ(PHPと自動化と語学と資格)

PHPと自動化と語学にハマったWebプログラマー。主にWebネタ、MySQL、Linux、Apache、語学をやるよ

ハッカーになるには、何をすればいいの? ハッカーになる方法を調べてみた。

プログラミング、アルゴリズム、サンプルプログラム

どうも、yohyamaです。

技術には終わりが無いなぁと感じる今日、このごろ。

ハッカーになる方法について調べてみました。

そもそもハッカーは悪い人?

勘違いしている方も多いようですが、「ハッカー」とは本来悪い人ではなく、単に技術に精通した人を指すようです。

技術を悪用する人は「クラッカー」と呼ばれます。

ハッカーになる方法

多くのハッカーが、ハッカーになる方法について語っています。

大雑把にまとめると以下のようになりました。

1、C言語、もしくはLispに触れてみる。

何ごとも基礎が大事ということのようです。

全てのプログラミング言語の基礎とC言語を知ることでハッカーに近づけるようです。

なお、Lispはマスターした時に悟りが開けるそうです(意味不明)

2、Linuxを自分でインストールしてみる。

Linuxは「OSとは何か」を知る上で非常に大事になるようです。

3、英語に対して苦手意識を無くす

英語のほうが圧倒的に情報量が多いのです。英語をマスターすることで飛躍的に知識が増えます。

4、アセンブラ、ハードウェアなどの基礎を押さえる

とにかく基礎レベルからの原理をしっかりと押さえるのが大事だということです。

5、正規表現、16進数など、情報や数学に関する理論を押さえる

これも原理をしっかりと押さえるのが大事だということらしいです。

6、常に新しいものに興味を持ち、実際に手を動かしてみる。

理論的なセンスも大事なのですが、実際に手を動かすという泥臭さも大事なようです。

経験から思わぬひらめきが生まれることもあるようです。

7、毎日コンピュータに触れる

基本的にコンピュータが好きじゃないと出来ないのです。

好きだからこそ、技術は向上し、知識が増えていくものなのです。