読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHPと自動化が好きなんだい

アラサー未経験でPHPを覚えて、自動化にハマったWebプログラマー。主にWebネタ、MySQL、Linux、Apacheをやるよ

PHPのプログラミング研修を受けて感じたことメモが出てきたのでまとめてみた。

PHP プログラミング、アルゴリズム、サンプルプログラム PHPの学習法、学習サイト、役に立ちそうなサイト

どうも、yohyamaです。

数年前にPHPのプログラミング研修を受けました。

そのときに感じたことのメモが出てきたのでまとめてみました。

 

a0003_001808

 

研修を受けた感じたことメモ

1、どの言語でも基本は共通

プログラミングを始める前は「なんだか難しそうだな」と思っていたが、実はそうでもない。

どんなに短いプログラムも、クソ長いプログラムでも、構成する要素は、おおよそ一緒。

どの言語も基本的には「変数、関数、繰り返し、条件分岐、値の取得と代入の集合体」に過ぎないと思った。

基本的には量の違いだけ。

 

 2、アルゴリズムを思いつくようにならなきゃ、意味が無い。

サンプルコードを打つだけは意味が無い。それにサンプルが無い場合も多々ある。

「どうやれば、この機能を実現できるのか」、それを思いつくようにならなければ必要な人材になれない。

 

3、プログラムは読まれるもの

他人から見て読みやすい、保守しやすいプログラムを作る必要がある。

  

4、プログラムは拡張されるもの

機能は後から追加したくなるもの。

将来を見越して拡張しやすいようなコードにしたほうが良いと思った。

線引きが難しいところではあるけど。

 

5、オブジェクト指向デザインパターンは理解すべき

フレームワークなどの製品がデザインパターンなどを駆使して作成されている以上、

フレームワークを使う側の私たちもデザインパターンについて理解すべき。

デザインパターンを理解してから、初めてプログラマーと呼べる気がする。

 

今になって読み返してみる

改めて読み返してみましたが、今と全然変わってないです。

ただ、いまだにデザインパターンは理解できていないので、キチンとこれから学習します!